会社概要
製品紹介
精密定盤、定盤
鋳鉄製
修理について
石製
アルミナセラミックス製
技術紹介
設備紹介
お問い合わせ
TOP
製品紹介/精密定盤
check 関連ページ
ISO9000測定管理にお困りでは?

<伝統技術での精度の追求>

藤田の定盤は、
 1.適切な材料を正しく処理して使用
 2.構造が適切で必要十分な剛性を持つ
 3.使用目的に合わせた仕上方式

によって製作されます。
きさげ面
きさげ面写真
【工程順序】
1.機械加工 2.恒温恒湿内で内部応力にがし 3.きさげ 4.検査
機械加工 恒温恒室内で内部応力にがし きさげ 検査
▲鋳鉄製 ▲検査データ(000級)
 鋳鉄製
定盤の大きさ
長さ×幅×高さ
(mm)
使用面の平面度(μm) 質量
(Kg)
対角線の長さ
(mm)
No.100SS(000級) No.100S(00級) No.100(0級) No.101(1級)
250×250×80 1 2 3.5 7 20 354
400×250×100 1 2 4 8 32 472
400×400×100 1 2.5 4.5 9 42 566
630×400×150 1.5 2.5 5 10 100 746
630×630×150 1.5 2.5 5 10 160 891
1000×630×200 1.5 3 6 12 320 1182
1000×1000×200 2 3.5 7 14 530 1414
1600×1000×250 2 4 8 16 950 1887
2000×1000×280 2.5 5 9.5 19 1400 2236
2500×1600×320 3 6 11.5 23 2800 2968
このページのTOPへ
その他、鋳鉄定盤以外にも石製、セラミック製、お客様のご要望に合わせた材質もご用意しております。
 石製
定盤の大きさ
長さ×幅×高さ
(mm)
使用面の平面度(μm) 質量
(Kg)
対角線の長さ
(mm)
No.1100S(00級) No.1100(0級) No.1101(1級)
250×250×70 2 3.5 7 13 354
400×250×75 2 4 8 22 472
400×400×100 2.5 4.5 9 46 566
630×400×100 2.5 5 10 73 746
630×630×100 2.5 5 10 115 891
1000×630×150 3 6 12 274 1182
1000×1000×150 3.5 7 14 435 1414
1600×1000×200 4 8 16 928 1887
2000×1000×250 5 9.5 19 1450 2236
2500×1600×300 6 11.5 23 3480 2968
このページのTOPへ
 アルミナセラミックス製
定盤の大きさ
長さ×幅×高さ
(mm)
使用面の平面度(μm) 質量
(Kg)
対角線の長さ
(mm)
No.2100S(00級) No.2100(0級)
250×250×80 2 3.5 8 354
400×400×100 2.5 4.5 20 566
630×630×150 2.5 5 80 891
1000×1000×200 3.5 7 270 1414
このページのTOPへ
 修理について
修理時には、お客様の作業環境に合わせて下記のような対応を致しております。
もちろん新規購入時にも、お客様のご要望に合わせた製作が可能です。
  引き取り時、定盤修理
お客様の使用勝手又は使用状況に合わせた修理を致します。
このページのTOPへ
セラミック溶射定盤
セラミック溶射定盤
錆やキズなどで使えなくなった鋳鉄定盤の表面にセラミック溶射をすることによって再生が可能です。
checkセラミック溶射の特徴

1.耐摩耗性に富み、メンテナンスフリーです。
2.鋳鉄定盤の欠点である錆の発生がなくなります。
3.定盤サイズ3000×3000oまで対応可能です。
4.セラミック定盤にない磁性があるので、マグネット機器が使用できるようになります。
5.セラミック定盤の欠点である欠け・亀裂がありません。
定盤以外の製品へのセラミック溶射も扱っておりますので、御相談ください。
このページのTOPへ
製品紹介(真直度測定器)へ 製品紹介(真直度測定器)へ
会社概要 製品紹介 技術紹介 設備紹介 お問い合わせ TOP
株式会社 藤田製作所
その他基準規、マスタ、検査器、定盤
真直度測定器
精密水準器
各種工具の研削盤
ドリル研削盤(自動)
ドリル研削盤(手動)
精密定盤、定盤
精密定盤、定盤